研究テーマ
researches

① 地域住民を対象とした健康に関する観察型疫学研究(東温スタディ)

2009年から始まった愛媛大学医学部、順天堂大学等との共同研究で、東温市の30~79歳の住民の方にご協力いただき、食習慣を含む生活習慣と糖尿病や循環器疾患、認知機能等との関連についてのコホート研究を展開しています。
以下は、本研究室が携わった主な研究成果です

  • The impact of masticatory ability as evaluated by salivary flow rates on obesity in Japanese: The Toon Health Study (Obesity. 2015;23:1296-1302)
  • Associations of serum β-carotene and retinol concentrations with insulin resistance: the Toon Health Study. (Nutrition. 2015;975-980)

↑ このページのトップへ

② 糖尿病米についての機能性評価研究

本研究は2015年から始まった愛媛県農林水産研究所との共同研究で、愛媛県農林水産研究所が育種している高アミロース米等に関するヒトへの効果について、介入研究を実施し、その機能性についての評価を行っています。

↑ このページのトップへ

③ 既存の大規模コホートデータを用いた循環器疾患に関する疫学研究

わが国において循環器疾患は死因の第2位、医療費の第1位である疾患であり、種々の対策が講じられています。
そこで、国内を代表する循環器疾患に係る調査を行っている、5つの大規模コホート(CIRCS研究、大阪職域コホート研究、JPHC-NEXT研究、JPHC研究、JACC研究)
と1つの調査精度を確認するための研究(データ統合のための妥当性研究)のデータを活用し、循環器疾患対策に資するエビデンスの立証を行っております。
下記のそれぞれの研究名をクリックすると、参加者の皆様へのお知らせのページに移動します。

↑ このページのトップへ

トップへ戻る